ゼロエネ住宅なら光熱費をグンと抑えられる

家のプラン作りに役立てる

住宅

工法の種類を知る

家づくりの工法や構造は、素人にはたいへん分かりづらい部分です。知識がないから茅ヶ崎で一戸建てを建てられないというわけではありませんが、知っておけば一戸建てプラン作りに役立ちますから、基本的な知識を学んでおきましょう。これまで日本の一戸建ての工法は、木材で骨組を作って壁を付け加えていく木造軸組工法が一般的でした。しかし、現在は鉄骨やコンクリートなどの材料を使った工法や、2×4工法といった外国から伝わった工法なども取り入れています。木造では木造軸組工法、2×4工法木造パネル工法、鉄骨では軽量鉄骨造、鉄筋コンクリートではラーメン構造、壁構造などがあります。木造軸組工法は日本の一般的な工法です。柱、梁で骨組を作るもので、通気性に優れ、湿度の高い茅ヶ崎の風土に適しています。間取りの自由度が高く、増改築も比較的容易にできます。耐震性が心配されますが、筋交いや金物を補強するなどの工夫で改善できます。2×4工法は、アメリカ生まれの工法で、主に2×4インチの木材を使用します。壁・床・天井を一体化した構造のため、耐震性、気密性、断熱性、耐火性が高いです。大工さんの技量による仕上がりの差がなく、工期は比較的短期間で済む工法です。其々の工法で間取りの自由度、耐久性、工期、建築費などが違います。部屋を広くしたい茅ヶ崎の人には重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造が適しています。漠然としたイメージだけでなく、特徴をきちんととらえて茅ヶ崎に建てたい一戸建ての条件に合う工法を選びましょう。