ゼロエネ住宅なら光熱費をグンと抑えられる

婦人

コンパクトな建築プラン

家族の平均的な人数が減っている背景もあり、大阪ではコンパクトサイズの注文住宅を、ハウスメーカーに発注するケースが多いです。収納スペースにこだわったり、子供を中心に間取りをカスタマイズするなど、家族構成に合わせてプランを構築することが重要です。

住まいと暮らしを考える

男女

住まいの省エネ

ゼロエネ住宅とは、「ゼロ・エネルギー住宅」の略です。ただし、ゼロ・エネルギーと言っても、エネルギー使用自体がゼロという意味ではありません。ゼロエネ住宅の基本的な考え方は、「省エネと自給自足」です。まず使用するエネルギー量を減らし、さらに消費したのと同等のエネルギーを作り出して、結果的にエネルギーの収支をゼロにしようということです。例えば、「減らす」方の工夫としては、外断熱やより効率の良い空調・給湯設備などが挙げられます。「作り出す」方には、太陽光発電システムや燃料電池が相当します。それらの建築や設備面での工夫を組み合わせ、さらに効率を上げることで、ゼロ・エネルギーを実現させるのです。それによる、CO2削減など地球環境問題への配慮が、ゼロエネ住宅の本来の意義です。しかし、それだけではなく、住む人間にとっても大きなメリットがあります。ゼロエネ住宅は、光熱費が非常に安く済むのです。余剰電力の売電も入れれば、「電気代がゼロの家」も可能です。とはいえ、ゼロエネ住宅にはそれなりの初期費用がかかるのも事実です。しかし、補助金制度を利用すれば、この点はかなり軽減できます。政府は、2020年までに標準的な新築住宅をゼロエネ住宅にすること、さらに2030年には新築住宅の平均をゼロエネ住宅にすることを目標に掲げました。そのために、国土交通省や経済産業省などを通じて補助金を設けています。補助金は設備によって複数存在しますので、組み合わせて併用すれば、さらに負担の少ないゼロエネ住宅づくりが実現できます。

住宅

家のプラン作りに役立てる

一戸建てを茅ヶ崎で建てる場合、いろんな工法があるので、知っておくと良い参考になるでしょう。木材を使った工法以外にも、鉄骨やコンクリートもあります。また、耐震性を重視した工法もあるので、希望にあったものを取り入れるといいです。

お家

暖かな家を作りたい

北欧住宅には、厳しい冬を家の中で乗り切るための工夫がたっぷり詰まっています。見た目の可愛さや、木材を多く使ったナチュラルなデザインが注目されていますが、高気密で地震に強く、電気代の節約効果も期待できるという点も支持されている理由となっています。