カウンセリング

加齢がもたらす肌の影響

肌のたるみやほうれい線は、プチ整形を行うことで簡単に解決出来ます。加齢によって失われたハリやツヤを取り戻すために、ヒアルロン酸注入という治療法がおすすめです。注射を打つだけなので、気軽に治療が出来る人気の方法です。

View Detail

女の人

美容外科の探し方

ほうれい線のたるみがひどくなって、美容外科でアンチエイジングをしたいと考えている人は多いです。ただ、美容外科といっても無数にあるので、誇大広告や知名度に惑わされず、自分にとってベストなクリニックを探すことが大切です。

View Detail

レディ

年齢よりも若く見られたい

頬のたるみを改善することによってほうれい線を薄くすることができるとして、美容手術を行う女性が増えています。高額になりやすいと言われている美容手術ですが、短期間で改善することができるとして人気になっています。

View Detail

老け顔は手軽に解消できる

医者

プチ整形を上手に活用

ほうれい線とは、小鼻の脇から口元の両端に「ハ」の字型にくっきりできる深い溝のことで、これがあると一気に顔が老けて見えます。漫画やアニメなどでは、中高年と若者との書き分けにほうれい線が必ず描かれることからも、いかに老け顔ポイントであるかがわかるでしょう。これがあるかどうかで、5歳から10歳は老けて見えるという調査結果もあります。ほうれい線は全体的な皮膚のゆるみ、顔のたるみによって引きおこる老化現象の一種です。頭皮から額、目元、頬にかけての脂肪が少しずつ下がってくることで、たるみが出てきて、小鼻の脇に溜まりほうれい線となります。また、皮膚組織そのものの繊維も、加齢とともに弾力を失っていきます。そして、それがたるみの原因の一つになるのです。このほうれい線、少し影が出てきた程度の軽いものから、無表情でもしっかり溝が刻まれてしまう重度のものまで色々レベルがあり、対処法も変わってきます。幸いなことに、美容外科や美容皮膚科が行うプチ整形でかなり改善することが可能です。費用的にも数万円から受ける事ができます。効果の見えづらい化粧品や美顔器に投資するよりは分かりやすく解消できるので、目に見える結果が欲しい方にはお勧めです。まず、浅い物であれば、ヒアルロン酸を注入するのが一番手っ取り早い方法でしょう。ヒアルロン酸をほうれい線に沿って真皮層に注入することで、直接この部分を持ちあげて改善する方法です。クリニックでヒアルロン酸注入を受ける際には、どういう商品が使われるかしっかり確認しましょう。ほうれい線は比較的深い場所を治療するため、ある程度固さがあり、ボリュームの出せるヒアルロン酸でなければすぐに吸収されてしまうからです。平均的な効果は半年から1年ほど続きます。継続して注入することによって、ある程度定着するようです。シワの溝が目立ってきている方は、肌深部の脂肪層自体を引き締める高周波治療と併用すると、目に見えた効果が得られます。また、頬の上に乗っている脂肪のたるみが多いタイプの方は、BNLSと呼ばれる脂肪溶解注射を受けて、余分な脂肪を溶かします。BNLSとは、韓国で開発された植物から抽出した成分を主成分とする顔の輪郭形成や部分的痩せのための新しい脂肪溶解注射です。腫れが殆どないのでダウンタイムの無いのが特長です。頬など面積の小さなパーツは効果が見えやすいので、脂肪除去手術を受けるまでもなく、注射で十分改善できるようです。無表情でもシワが消えない重度のほうれい線には、溶ける糸のリフトもプラスするとよいでしょう。糸リフトにも色々な種類がありますが、ほうれい線解消程度のものであれば、大体において治療後すぐに肌の引き上げが実感でき、針を刺した部分から引き抜くため傷も目立ちません。効果は糸が溶けてからも、コラーゲンが増殖するため持続します。半年から1年程度は効果が持続するようです。他人にバレないプチ整形が発達し、どんどん受けやすくなってきています。新しい治療にはキャンペーン価格を設定している美容外科や美容皮膚科もあります。アンテナを張り巡らせてお得なトリートメントを賢く利用して、5歳から10歳の若見えを目指しましょう。